歯磨き粉

口臭を予防する方法

口臭を予防するには、口の中の細菌の増殖を防ぐことが重要になります。
起床後は細菌が増えている状態なので、必ず歯磨きをすることが大事です。
歯磨き粉を付けてしっかり磨くことで、細菌の元となる虫歯や歯周病の予防にもなります。
また、就寝前に歯磨きをすることで、最近の増殖を抑えることも出来ます。
歯と歯の間に挟まった歯垢や歯石は、歯ブラシだけでは全てを落とすことが難しいので、歯間ブラシや糸ようじなどを利用すると効果的です。

子供

様々な原因

口臭には様々な原因があります。
起床時や空腹時、緊張時などは特に口の中の臭いが強く感じることがありますが、これは唾液の分泌物が減り、細菌が増殖することによって口臭となる原因物質を作るからです。
また、においのきつい食べ物やお酒、たばこなどでも一時的に臭いが強くなりますし、病気やストレスから口臭が強くなることもあります。
口臭の原因となる病気には、歯周病や虫歯、歯垢など歯に関するものが多くなっています。

口元

口臭の原因

 口臭とは、口の中や呼気の不快な臭いの事を言います。
年齢や男女の違いは関係なく起こります。
口臭が起きる原因は様々なものが考えられます。
代表的なものとしては、口の中の疾患が原因となるものや、消化器官の疾患を原因とするもの等があります。
他にも、ストレス等による口の中の乾燥、加齢等によって起きる場合もあります。
 口臭の予防対策はいくつかあります。
まず一つ目に規則正しい生活を送る事が挙げられます。
睡眠不足でも胃の調子が悪くなる事があり、結果として口臭の原因となります。
睡眠を充分に取る事も予防対策として有効です。